So-net無料ブログ作成

ショパンコンチェルト1番1楽章、舞台で弾きました [ショパン]

8月の終わり、「夢のコンチェルト体験」をし、
重厚で美しいオケの音をマジかに体験した私ですが、
次なるミッションは10月初旬のコンチェルトの舞台でした。

この前のは体験で、息子と関係者の方の二人の前で弾いただけですが、
今度はほんとにホールでお客様の前でアマオケの皆さんとの競演です。(-_-;)


素人です。
音大なんて出ておりません。
ピアノ再開して10年??
ショパンは本当に大好きですが、エチュードはまだ2曲しかレッスン受けていません。

ってこんな言い訳ばっかり・・・


この舞台は共演者もいっぱいいて、もしも、私が失敗すると2楽章や3楽章を弾く方にも、
オケの皆様にも大迷惑です!
なので、もう3日前くらいからなんだか体が熱い!(緊張で熱が出ることってあるんでしょうか・・)

当日もなんだか朝からだるだるで、お化粧するのも、着替えるのも面倒。
どうせ本番前にドレスに着替えなくてはいけないのだから、
もうジョギングするカッコで行ってしまえ!

ということで、スパッツ、短パン、パーカーの出で立ちで、ドレスと楽譜を担いで
電車に乗ってホール入りしました。

舞台でのリハでは、あまりの緊張で最初からミスタッチの嵐!
なんでそこで間違えるん?っていうところで変なメロディーを作曲してしまいました。爆

この前ちちぶでオケとのあわせを体験したことを自信に、なんとかいい演奏ができたら、
と思ったのですが・・・

あのちちぶでの自分の演奏の映像を見ていても、
「ほんとに自分?」っていう不思議な感覚しかないんですよー。

自信が湧かない!!汗

おいおい・・・

どこまで弱気なんでしょう。




リハのあとも不安ばかりで、人と楽しく話している余裕が全くありませんでした。

なので、楽屋から出て、人があまりいない反対側の舞台袖の方で、ストレッチしたり
昼寝したりしました。
レッスンの録音や、ちちぶの自分の演奏を聴いて
できるだけ曲のイメージを頭に入れるようにしたりもしてみました。

それでもどんどん不安になって、ホールのホワイエに出て行くと
3人のピアノのお友達がホールからちょうど出てきて
「どうしたのー!すごく小さくなってるよ。」って。(-_-;)

不安が体に現れてる?笑

お姉さんのSさんに「大丈夫だから、頑張れ!」ってハグして頂いて、少し元気が出てきました。

舞台袖でもコンサートを経験している人に
「どういうふうになっても時間は絶対に過ぎていくから。」
と言ってもらい、覚悟が少し出てきたかも・・

モニターを見ると、お客様は思ったより少なめ!しかも右の奥に固まってるし!笑


いよいよ本番です。














nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。