So-net無料ブログ作成

明日は師匠のブリリアントサロン・コンサート [ショパン]

普段習っている師匠は某音大の先生なのですが、
数年前教授に昇格されました。

温和で優しい、そして感性豊かな先生。
ピアノの演奏もほんとに素晴らしく、先生の弾くショパンはとても魅力的です。

普段ショパンの曲のレッスンを受けていて、
先生のアナリーゼから表現に結びつけるご指導に
「ほー!!」と感心してしまうことがいっぱい。

そして先生の解説を聞くにつけ
「ショパンてすごい!!」
ッて思うことがいっぱいあります。

この先生の凄さをみんなと共有したい、という気持ちから先生のサロン・コンサートを企画しました。

今回は2回めで、実は明日なんです。

1回めは2年前の丁度同じ時期でした。
ショパンのソナタ2番を解説&演奏していだくのをメインにして
他にエチュードやノクターン、リスト、シューマン、ドビュッシーなどをプログラムに
入れていただきました。

先生のソナタ2番、とても重厚で表現豊かな魅力ある演奏です。
語っているというか、陰影のある渋い演奏でとてもかっこよかったです。
アナリーゼの資料も大変充実していて、持ち帰った方々は幸せだな、と思うくらい。

満員のお客様にも大好評で、皆さん帰られる時のお顔が紅潮していて、
「脳みそがふつふつ喜んでる!」っておっしゃった方も・・

先生に演奏していただいてほんとに良かった!と思った瞬間でした。

あれからもう2年。
お客さまからも「またやってほしい。」というお声も頂いていて、
今回先生がまたやる気になってくださったので企画しました。

明日のメインの解説は私の死ぬほど好きな
バラード4番です。

恥じらいや戸惑いを感じさせる先生の繊細なバラ4の演奏と、その解説を聞けるのが
私自身もとっても楽しみで、今夜は眠れないかも~。




nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。