So-net無料ブログ作成

バラード4番の自筆譜が来ました [ショパン]

もうあっという間に2月になりました。
今年は例年よりもぐっと寒く、インフルエンザもはやっているようですね。
皆様、お元気ですか?


先日ネットで注文していたバラード4番の自筆譜のファクシミリが
ワルシャワから送られてきました。

001小.jpg

エア・メイルで届く荷物って、遠い外国の空気を運んで来てくれるような・・・
なんだかとても嬉しくなります!

002 小.jpg


今ドル安なので買えるチャンスかな、と思って頼んでみましたが
ショパンの筆跡はとっても繊細で女性的な感じがします。

解説が別冊で付いていて、そっちの方が厚いです。笑
いくつかの言語で解説されていて、日本語もちゃんとついていました。


最近私としたことが、バッハの楽譜を2冊買いました。
ひとつは平均律1巻、もう一つはフランス組曲です。

平均律は1巻の2番のプレリュードを練習し始めました。
この前入会したばかりの「バッハを人前で弾く会」で弾く予定です。(汗)
一度だけK先生に見ていただき、楽譜にないバッハを弾く時の「不文律」を教わりました。

和声をまず見ること
和音で1小節づつ弾いてみてその指使いをあてはめること
音がのぼっていく時はクレッシェンド、下がっていく時はディクレシェンド・・・
バスの音が大事
手首は揺らさずに弾くこと


結構難しいです!
でもとにかく毎日10分でも練習しようと思ってまず一番にバッハを弾くと・・
なんだか気持が整理整頓されたような気持ちよさがあります。

最近は家事をするときのBGMがシフのフランス組曲になりました。
飴色の充実した空気感に活気のある音。
バッハには独特の魅力がありますね。

今までバロックダンスや誰かの演奏で聴いていて
「あ、素敵なメロディーだな・・」と言うのはよく経験していましたが
自分で弾くには譜読みがとても大変だったので
あえては楽譜を買っていませんでした。
でも、その魅力の一端に触れ、ちょっとずつフランス組曲等を譜読みできたら楽しいかも
と思い始めています。
フランス組曲の曲はバロックダンスでも数曲踊ったことがあるので
親しみも持てると思います。
凛とした美しさのある曲が多いですね

しかし・・・なんという心境の変化!笑

ショパンはバッハを好み、作曲技法も相当参考にしていたとも言われていますので
いつかはバッハも勉強したい、と思っていました。
やっとその入口に立てたのかしら。

また一つ自分の音楽の世界がちょっと広がった様で嬉しいです。













nice!(2)  コメント(2) 

nice! 2

コメント 2

konami

ショパンの手の石膏はワルシャワ、そしてパリで見た時も女性の手のようだと思いました。指が細くて長く、とても繊細に感じましたが筆跡もそうなんですね。

機会があれば是非見せてくださいね☆
by konami (2012-02-04 18:38) 

ピアノフォルテ

konamiさん
ワルシャワで買ったショパンの手の石膏、置いていますが、細くて小さいですよね。
これ、実物大?ってちょっと疑ってます。
でも、私の手のほうがよほどごつごつ・・・ハンドクリームで手入れしようかな。笑
by ピアノフォルテ (2012-02-06 00:30) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。